マルコ水産 詰合せギフトセット 味付海苔1缶 焼きのり1缶 大判焼きのり オンラインショッピング 生海苔佃煮3個 8330円 【マルコ水産】詰合せギフトセット(味付海苔1缶・焼きのり1缶・大判焼きのり・生海苔佃煮3個) 食品・飲料・お酒 漬物・佃煮・煮豆 佃煮 8330円 【マルコ水産】詰合せギフトセット(味付海苔1缶・焼きのり1缶・大判焼きのり・生海苔佃煮3個) 食品・飲料・お酒 漬物・佃煮・煮豆 佃煮 マルコ水産 詰合せギフトセット 味付海苔1缶 焼きのり1缶 大判焼きのり オンラインショッピング 生海苔佃煮3個 tanaka-tax.com,8330円,食品・飲料・お酒 , 漬物・佃煮・煮豆 , 佃煮,【マルコ水産】詰合せギフトセット(味付海苔1缶・焼きのり1缶・大判焼きのり・生海苔佃煮3個),/allotriodontia1654124.html tanaka-tax.com,8330円,食品・飲料・お酒 , 漬物・佃煮・煮豆 , 佃煮,【マルコ水産】詰合せギフトセット(味付海苔1缶・焼きのり1缶・大判焼きのり・生海苔佃煮3個),/allotriodontia1654124.html

マルコ水産 10%OFF 詰合せギフトセット 味付海苔1缶 焼きのり1缶 大判焼きのり オンラインショッピング 生海苔佃煮3個

【マルコ水産】詰合せギフトセット(味付海苔1缶・焼きのり1缶・大判焼きのり・生海苔佃煮3個)

8330円

【マルコ水産】詰合せギフトセット(味付海苔1缶・焼きのり1缶・大判焼きのり・生海苔佃煮3個)


商品の説明

「生産者」だからこそ、一番いい海苔を佃煮に。

「海苔師の生のり佃煮(極)」は、味はもちろん、色つやや食感が最も良いとされる一番海苔の生海苔を使った佃煮です。通常の佃煮はランクの低い海苔で作りますが、一番いい海苔を使えるのは生産者の強みです。大量生産の競争の中で勝負するのではなく、自らが価値をつけられる商品を作ろうと、10年間料亭に勤めていた息子と共に1年以上かけて開発。一番苦労したのはネーミングです。生海苔の風味を生かした上品な味付けを「佃煮」と呼んでいいものか迷いました。でも、佃煮以外の言葉ではお客様に伝わらないということになって。「海苔師」というのは、生産者が作っているということを伝えるため加えました。

食材、そして手作りへのこだわり。

作る時は大きな設備がないので、小さな厨房で手作りしています。大きな鍋いっぱいの佃煮をかき混ぜるんですが、これがまた大変で。味付けは、鞆の味醂のほか、小豆島の醤油や香川の和三盆といった、なるべく近くの素材を厳選して使っています。海苔によって水分の含みやすさが異なるので、同じ分量で作っても最終的には、自分で味をみて決めています。できあがった佃煮を詰めるのもひと苦労で、生海苔は長さがあるため、瓶を汚さないように箸でつかんで入れていきます。機械を入れてもっと効率よく作るという方法もありますが、機械化してしまうのも何か違う気がするんですよね。

「田島の海苔」をブランドに。

ゆくゆくは内海町田島海苔のブランドが確立できたらいいなと思っています。加工業者に卸すと田島の名前が残らないのですが、量産するだけでなく、自分たちで付加価値をつけて売っていくことも考えて、田島の海苔業者みんなでそういう売り方をしていけるようになったら面白いですね。他にも、新商品の開発をしたり、物販スペースを作ったり、取り組んでいきたいことはたくさんあります。時期は未定ですが、楽しみにしていただけたら嬉しいです。

【マルコ水産】詰合せギフトセット(味付海苔1缶・焼きのり1缶・大判焼きのり・生海苔佃煮3個)

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。